ライオンコーヒー日本サイトヘッダー
タイトル

一粒一粒に150年の英知をこめて~ライオンコーヒー・ヒストリー

アメリカで最古の歴史を持つ老舗ラインコーヒーは、創業以来「コーヒーの王様」として知られてきました。厳選された豆、独自の焙煎方法、煎りたての新鮮さといった高品質とともに、常に「楽しさ」をお届けすることをモットーとしてきました。

ライオンコーヒーは、1864年アメリカ・オハイオ州トレドで産声をあげました。当時コーヒー豆は、各家庭でフライパンで焦して使うのが一般的で、味も安定せず、コーヒーを味わうのも少々手間がかかる作業でした。

そこに革命をもたらしたのがライオンコーヒー。世界から最高の豆だけを集めて念入りにブレンド・焙煎する「ファンシーロースト」という画期的な焙煎方法で焙煎したコーヒー豆を売り出したのです。

ライオンコーヒー初期黄金期の到来!

1870年代に入り、Woolson Spice Companyから販売されることになったライオンコーヒーは、煎りたての豆を密封する1ポンド入りのパッケージを導入。衛生的なコーヒーの販売を実現すると共に、あのユニークなライオンのトレードマークが大きくついたデザインは、人々の注目を大いに集めました。
品質と共にもう一つ評判になったのが、コーヒーのパッケージについているライオンマークを集めると、紙人形やカード、楽譜といった景品と交換するという、当時としてはユニークなサービスでした。

ライオンコーヒーの高い品質は「元気の出る一杯」のニュースとともに急速に広まり、1890年代中頃には週450トンの豆をローストする、世界でも最大級のコーヒー会社に成長しました。
その味はもちろん、個性あるパッケージとユニークなキャラクターグッズで数十年にわたって広く家庭で愛好されていたのですが、その後、突然のライオン狩り(といっても業界関係者を装った狩人のことですが)にあい、それから暫くの間、ライオンの名は姿を隠してしまうことになるのです。・・・

ハワイが誇るグルメコーヒーへ!

伝説となったライオンが目を覚ましたのは1979年。アメリカの歴史を物語るアンティークをこよなく愛し、品質の高いコーヒーに熱い情熱を持つジェームズ・デラノ氏が、ライオンを探し当て、会社をハワイはホノルルに移転させました。
こうしてライオンは、アロハに囲まれたホノルルで新しい住処を見つけることになったのです。

以来「ハワイが誇るコーヒー」として、人気はさらに広まり、今ではパッケージに楽しさとおいしさを満載して世界中の人々の手に届けられています。

厳選された豆、念入りに焙煎するファンシーロースト、煎りたての新鮮さ、楽しさあふれるパッケージ・・・ライオンコーヒーハワイの地で進化を遂げつつ、150年の伝統も大切に守り続けています。
最高の一杯をどうぞお楽しみ下さい。!

top product 日本限定フレーバーフレーバーコーヒー レギュラーコーヒーコナコーヒー ドリップコーヒー ライオンヒストリー コーヒーレシピ リンクお問い合わせジャスミンバナー